症例集

2019年12月18日
上下前歯部の叢生を、拡大装置+マルチブラケットで治したケース

ケース
上下前歯部の叢生を、拡大装置+マルチブラケットで治したケース

治療内容
最初は右下の乳犬歯が抜けているのですが第一乳臼歯と側切歯(前歯)の間に隙間がなくて
犬歯が入らない状態だったので側方に拡大してスペースを作りました。
すでに萠出してしまっていた切歯(前歯)は拡大では動かないので、最終的にブラケットを装着しました。
このように、永久歯がある程度萠出しまってから開始した場合は、最終的にワイヤー矯正(マルチブラケット)による矯正治療が必要になることがあります。ただし、ワイヤーを装着する期間は数ヶ月間で終わります。

2016/9/16 7歳で開始
ハイラックス→ハイラックス→TPA使用
2018/9/21 ブラケット
2019/5/27 経過観察へ移行

リスク
顎顔面矯正による歯列の改善は個人差があります。

価格
下記ページをご確認ください。
顎顔面矯正

レントゲン写真
レントゲン写真
治療前
治療前
治療中1
治療中1
治療中2
治療中2
治療中3
治療中3
経緯
経緯

月別アーカイブ

PageTOP

初診の方へ
あさひクリニック歯科 インターネット予約
問診票ダウンロード

院内ツアー

当院の設備をご紹介します。

ファミリールーム

小さなお子様も一緒に診療室に入れるファミリールーム完備。完全予約制になりますので、事前にお問い合わせください。

症例集・アンケート

当院で行った治療例、患者さまの感想をご紹介します。

当院のご紹介

診療科目

当院の道順

求人

あさひクリニック-歯科
〒284-0045
千葉県四街道市美しが丘1-18-7 2F
(エレベーターあり、駐車場約15台)

モーダルウィンドウのデモ