歯の豆知識

2018年1月 7日
CAD/CAM冠ハイブリッドセラミック

CAD/CAM冠ハイブリッドセラミックとは

 

CAD/CAM冠ハイブリッドセラミックとは、保険で出来る白い被せ物です。

2017年12月より、適応範囲が広がりました。

 

 

もともと白い被せは、真ん中から数えて3番目までの前歯に適応で、4番目より後ろに被せる時は、いわゆる「銀歯」でした。

2014年から、一部の歯にCAD/CAM冠ハイブリッドセラミックが適応になりましたが、臨床データが十分ではありませんでしたので、導入しておりませんでした。

(ちなみに、ハイブリットジャケットクラウンという、プラスチックの白い被せが小臼歯に限り認められていますが、強度が著しく不足しているのに加え、適合が悪いので虫歯にもなりやすく、あさひ歯科では使っていません)

今回適応になったCAD/CAM冠ハイブリッドセラミックは、ハイブリッドジャケットクラウンよりも強い、白い被せものです。小臼歯(前から4番目、5番目)と、下の歯に限り前から6番目まで(後ろから2番め)の歯に適応されますので、見える位置はほぼ網羅されます。

料金は、3割負担で約9000円です。

 

メリット:

・保険で白く被せることができます

・金属アレルギーに対応できます。

 

デメリット:

・完全なセラミックではないので、変色します

・セラミックほどの強度がないので、割れる恐れがあります。強度を表す「曲げ強度」ですが、CAD/CAM冠ハイブリッドセラミックの場合200mpa、それに比べてセラミッククラウンは400mpaですので、強度は約半分と言えます。

・すべての歯に適応になるわけではありません。

・被せだけが対象です。部分的な詰め物には保険がききません。

・歯に特有の「透明感」は出せません。「白い」歯が出来上がります。色調の微調整もできません。

・ブリッジには対応できません。

 

特に、脱離(外れてしまうこと)の割合が高いです。

臨床試験では、次のようなデータが出ています。

●3ヶ月以内の脱離が7.8%

●6ヶ月以内の脱離9%

そのうち2%で破損(割れてしまって使えなくなること)

●1年8ヶ月以内で24.5%が脱離、さらにそれを再装着しても、一ヶ月以内に再脱離する確立が43.8%

 

色の変化も出やすいです。

●3ヶ月以内に光沢の喪失が15.7%

●3ヶ月以内の着色5.9%

 

治療の流れは、通常どおり型取りをして、次の回に装着です。

 

白い歯で、透明感もあり、色調変化も無く、強度があって長持ちなのは、e-maxクラウン(セラミック)です。保険適応ではありませんので自費診療になりますが、型取りから材料を変えて制作しますので、精度が高く長持ちします。

月別アーカイブ

PageTOP

初診の方へ
あさひクリニック歯科 インターネット予約
問診票ダウンロード

院内ツアー

当院の設備をご紹介します。

ファミリールーム

小さなお子様も一緒に診療室に入れるファミリールーム完備。完全予約制になりますので、事前にお問い合わせください。

症例集・アンケート

当院で行った治療例、患者さまの感想をご紹介します。