白い歯体験談

2017年11月 7日
セラミックインレー(白い詰め物)

今回は、白い歯の中でもセラミックインレーについてご説明します。

ご紹介する症例は、あさひクリニック歯科の2017年の症例です。

 

まず、インレーとは。

詰め物のことです。

歯に入れるものは、いわゆる「詰め物」と「被せ物」に分かれます。「詰め物」は部分的に人口のモノを入れます。「被せ物」は完全に歯を覆います。

その中の「詰め物」をインレーと呼びます。

インレー.png

さて、インレーには

・保険で作れる銀歯

・保険外の白いもの

・保険外のゴールドのもの

の3種類があります。

 

保険の銀歯の詰め物のメイン成分は銀です。その他、金や銅、パラジウムなどが混ざっています。

保険で作成するので、型取りから作成、装着までいっても、自己負担は数千円。金額は魅力的だと思います。

しかし、見た目が悪いことに加え、適合が良くありませんから、隙間から必ずまた虫歯になります。平均で5年で虫歯になると言われています。

インレー2次カリ.png

虫歯になってしまうと、再治療が必要です。以前にもお伝えしましたが、同じ歯を6回治療すると、抜歯になる運命です。再治療はなるべく避けたいですよね。

「悪くなったらまた治せば良い」というのは、保険治療のメリットでもあり、回り回ってデメリットでもあるわけです。

 

 

さて、同じ金属製のインレーでも、「金」をメインにしている金属を使用すると、適合が断然良くなります。隙間が出来ないので、そこから細菌が入ってしまうことも防げます。そのため、再び虫歯になるというリスクを避けることが出来ます。

とは言え、きちんと磨くこと、メインテナンスを受けることは必要です。

歯に馴染み、適合も良いゴールド(金)のインレーですが、欠点は見た目が良くないことです。銀よりは、歯やほっぺたの色に馴染みますが、それでも金色ですので、目立ってしまいます。小臼歯など、見える位置の場合はあまりお勧めでは無いかもしれません。

 

最後に、セラミックインレーです。セラミックインレーも適合が良いのですが、更にそれを歯に装着させる時のセメントにも特徴が有ります。歯とセラミックを接着させるので、隙間が無く、虫歯になりにくいインレーを装着することが可能です。

色も白ですので、最も目立ちにくいインレーです。しかも、白の中にも黄色に近い色や、グレーがかった色など、幅が広いので、ご自身の周囲の歯の色にそろえて作ります。

お口を開けても、詰め物が入っている事は全くわかりません。

欠点は、切削量が少し多いので、知覚過敏になりやすいことです。歯の治療の後は、多かれ少なかれ知覚過敏症状が一時的に出ますが、セラミックインレーの場合は少し長く出ることが有ります。そのような場合は、少しでも早くおさまるように対処いたします。

 

さて、本日はこのセラミックインレーの症例をご紹介します。いずれもわからないくらい綺麗に詰めてあります。

スライド111.jpg

スライド222.jpg

スライド333.jpg

スライド444.jpg

月別アーカイブ

PageTOP

初診の方へ
あさひクリニック歯科 インターネット予約
問診票ダウンロード

院内ツアー

当院の設備をご紹介します。

ファミリールーム

小さなお子様も一緒に診療室に入れるファミリールーム完備。完全予約制になりますので、事前にお問い合わせください。

症例集・アンケート

当院で行った治療例、患者さまの感想をご紹介します。

当院のご紹介

診療科目

当院の道順

求人

あさひクリニック-歯科
〒284-0045
千葉県四街道市美しが丘1-18-7 2F
(エレベーターあり、駐車場約15台)